So-net無料ブログ作成

手抜でおいしく簡単!!! お肉やわらかの素で「トンテキ(ポークソテー)」を作りました。 [そうだ!料理を作ろう]

お晩です。
今週も、手抜でおいしく簡単!!! お肉やわらかの素で「トンテキ(ポークソテー)」を作りました。
ステーキは良い和牛を使わない限り、ポークの方が輸入肉でも臭みが少なくておいしいと思い込んでいる私が、カナダ産の豚肉を使用してトンテキ(ポークソテー)に挑戦です。

やって見るポイント①
どんなお肉もパイナップル酵素で軟らかく。
「味の素 お肉やわらかの素」を下処理に使いました。
トンテキ①.jpg
トンテキ②.jpg
賞味期限が切れは気をつけようw
Amazonで2個532円
https://www.amazon.co.jp/%E5%91%B3%E3%81%AE%E7%B4%A0-%E3%81%8A%E8%82%89%E3%82%84%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AE%E7%B4%A0-50g%C3%972%E5%80%8B/dp/B01CYB1AJC/ref=sr_1_1?s=food-beverage&ie=UTF8&qid=1548911947&sr=1-1&keywords=%E8%82%89%E6%9F%94%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AE%E7%B4%A0

やって見るポイント②
ミートソフター
肉の繊維や筋を切って、焼いた時に肉が縮むのを防ぎ、食べた時に食感を良くする刃物です。
トンテキ⑥.jpg
トンテキ⑦.jpg
Amazonで1,960円
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FOPVRS/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o02__o00_s00?ie=UTF8&psc=1

とんかつ用の豚肉を用意します(お米は、この間に早炊きするのがベスト)。
今回はブロックを買って厚さ1.5cmで切っています。
①豚肉を「ミートソフター」で、筋を中心にまんべんなく刺して行きます(計15~20回刺せば良いと思います)。

②「お肉やわらかの素」を肉にまぶしてから、軽く揉み込みます(説明では結構粉を振り掛けていますが半分位のイメージで十分です)。

③ラップかビニール袋に入れて、常温で20~40分なじませます(冷蔵庫で1日そのままにしても大丈夫)。
この間にサラダなどの野菜を準備しましょう。
トンテキ④.jpg

④肉をなじませている間にタレを作ります。
割合はこんな感じで、めんつゆ4に対して、しょう油1~2:酒2~3:おろし生姜2~4。
※おろし生姜は、好みで倍量くらい入れても全然OKです。
※しょう油は、めんつゆだけだと甘過ぎるので調整用です。
トンテキ③.jpg

⑤焼直前にコショウを振ります(挽き方や量は好みで)。
トンテキ⑤.jpg

⑥フライパンとフタを用意して、強火でガンガンに熱したフライパンに油を少量(大さじ1)入れた後に肉を入れてフタをします。
強火のままでフタをして焼いて行きます。
肉1枚の場合は3~4分、2枚の場合は4~4分30秒。
肉の表面は蒸されてこんな感じ。
トンテキ⑧.jpg

⑦肉をひっくり返して、強火のままフタをして1分~1分30秒焼いた後、弱火で4~5分焼きます。
ひっくり返した肉の焼面はこんな感じ。
トンテキ⑨.jpg
トンテキ⑩.jpg

⑧フタを取って、強火にして、タレを入れてからめて(タレを蒸発させる感じ)、盛付けてこんな感じ。
トンテキ⑪.jpg
トンテキ⑫.jpg

肉をなじませている時間に、風呂や洗濯を済ませれば、調理時間は15分位なので忙しい時でも簡単です。
家族の評判&満足度も高い料理なので、ぜひ挑戦して見て下さい(もちろん1人暮らしでも)。
やって見るポイント①と②を行う事で、ワンランクアップの料理を提供出来ます。
ご自身で作るのは面倒だと思いますが、白いご飯との相性はあなたを裏切りません。
買って来たお惣菜とは比較になりませんよ~。
では、またー。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。