So-net無料ブログ作成

チャーシューでフタがしてあるラーメンw「nibo(ニボ)」へ行って来ました。 [ほぼ週刊、外食日記]

nibo④.jpg

お早うございます。
今回は、埼玉県川越市にある「nibo(ニボ)」へ行って来ました。
煮干スープ+背脂のちょっと変わったラーメンに興味があっての訪問です。

nibo①.jpg
埼玉県川越市砂新田80-14
TEL:049-265-5504
営業時間:11:00~15:00、18:00~23:00
定休日:不定休。
駐車場:店舗前と横に8台くらい。

14:00頃に到着しましたが、先客は0名でした。
入口正面に有る券売機で食券を購入して空いている席に座るスタイルです。
【券売機(かなり種類が有りますね)】
nibo③.jpg

【メニュー(見難くて済みません)】
nibo⑧.jpg

今回は、「背脂煮干そば(煮干度②)700円+肉盛(チャーシュー4枚)350円」を選択しました(煮干度は10段階迄有りw)。
約10分で着丼です。
基本のスープベースは「中華そばの獣系」と「煮干そばの魚介系」の2種類で、スープのブレンドでバリエーションを作っている様です。
麺も「中細麺」と「平打ち太麺」の2種類あり、スープが濃厚になると平打ち太麺になります。
スープ自体は背脂が浮いていますが、煮干スープは透明度の非常に高いスープでした。
塩分はちょっと濃い目だと感じました。

【背脂煮干そば+肉盛(チャーシューで何も見えませんw)】
nibo⑤.jpg
温度も計りました。
うーん69.5℃でした、残念!
優勝軒⑤.jpg

《一押し理由》
①中華そば680円からと、リーズナブルな価格設定は良心的だと感じました。
②チューシューで完全にフタがして有るラーメンは初めてですw
③意外と煮干スープに背脂は相性が良く、煮干感はしっかりと残っています(例えるならホープ軒のスープから煮干の味と香りが少しする不思議な感じ?)。

《今一な点》
①おもしろいスープを作って置きながら、スープ温度が69.5℃はと頂けません。
温度は中心部で計っているので、実食ではもっと冷めた感じになります。
②冷えたチャーシューのフタも温度低下の要因だと考えられます(盛付を考える必要有りかも)。
③他はレベル高いのに、スープ温度が全て(舌で感じる味、香り、麺の食感等々)をスポイルしている感じ。

みなさんどうてすか?
味が合うかは好みの問題ですが、煮干+背脂のスープはアナタの期待値(興味)を裏切りません。
では、またー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理