So-net無料ブログ作成
今週はコレですよ! ブログトップ

オレが死にそうになった時の話しをしよう、映画「悪魔を憐れむ歌 1998年/米 123分」 [今週はコレですよ!]

悪魔を憐れむ歌①.jpg
悪魔を憐れむ歌④.jpg

携帯電話も無い時代の映画ですが、私が観ていたら高校生の息子も観たいと言うのでDVD貸したら、息子の同級生も観たいとの事でDVDを貸しました。
そうしたら、2人共とても面白かったと言うんですね~。
やはり良い映画と言うのは、時代や年齢に関係無く見る人の気持ちを「ワクワク」させたり「ドキドキ」させたりするんですね。
と言う事で、皆さんにも是非知って頂ければ思って記事を書きました。

ご紹介する映画は「悪魔を憐れむ歌 1998年/米 123分 監督グレゴリー・ホブリット」です。
ジャンルはオカルトミステリーです。
もう、公開から21年も経つんですね~、主演のデンゼル・ワシントンも若い訳だw

映画は「オレが死にそうになった時の話しをしよう」と言うセリフから始まり、ある死刑囚の死刑執行までがオープニングになります。
この時に流れるローリングストーンズのカバー曲「Time Is on My Side」が映像にマッチしていて最高のオープニングが展開されて行きます(映像から、神秘的で心霊的で悪魔的な雰囲気が感じられます)。
悪魔を憐れむ歌②.jpg

【アザゼル(Azazel) の視点はこんな感じ(雰囲気が出てますね~)】
悪魔の視界の映像化はエクタクロームという特殊フィルムを使用する事で表現されています。
悪魔を憐れむ歌③.jpg

【あらすじ(ネタバレしないよ~)】
刑事と殺人犯(アザゼル)との戦いで、何でもアリのアザゼルに刑事がどう立ち向かって行くかが最大の見どころになります。
勝てる見込みが無いアザゼルとの戦いのラストは、どんでん返しが待ってます(劇中にヒントは有りますけどねw)

最後は、アザゼル(悪魔)の言葉で締めさせて頂きます。
「いつも何かが起きている」
「だけど人間は、必ずしもそれに気が付かない」
「気付いても理解出来ない」
「理解しても認めない」

ではまた~、みなさん良い映画を見て下さいね~。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

楽しいとか嬉しい気持ちがポッとなる事「クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」 [今週はコレですよ!]

超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁①.jpg

久々のアップです。
長く続いているアニメで「クレヨンしんちゃん」が有ります。
今や「ドラえもん」、「サザエさん」、「ちびまる子ちゃん」に並ぶ国民的アニメと言っても良いと思います。
ただ、上記のアニメと異なる点は、基本的には子供向けのアニメーションですが、一部の大人ファンがついていると言う事です(ファンの年齢層が高い事でも知られていますね~)。
原作が「漫画アクション(オジサン向け漫画雑誌)」に連載されていた事や、劇場版については家族で(大人も)楽しめる良品が多い事も要因でしょう。
また、しんちゃんも、父ひろしも、大人のお姉さんが大好きで、大人がクスッと笑える場面も多々有ります。
今回のおススメは、そんなクレヨンしんちゃんの劇場版「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」です。
2010年4月7日公開の劇場映画シリーズ第18作品で、上映時間は1時間39分です。
超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁②.jpg

【あらすじ】
未来からタミコ(大人のしんのすけの婚約者)が、子供の頃のしんのすけの前に助けを求めに現れて「かすかべ防衛隊」の皆と未来へタイムスリップして、荒廃した未来の世の中に光を取り戻す物語です。
気恥ずかしい部分も、くだらない部分も有るのですが、子供や大人の心に響く一本です。
私的にはエンディング(主題歌オメデトウ)が大好きです。

光とは?
2人は、劇中でこんな会話をしています。
しんのすけ「世の中を明るくするって、電気をいっぱい点けたりするコト~?」
タミコ「そうじゃなくて、人の心の話し」
しんのすけ「心に電球入れるの~?」
タミコ「明るくするって言うのは心の中のねっ、楽しいとか嬉しい気持ちがポッとなる事」
超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁③.jpg

最後は、大人のしんのすけの言葉で締めさせて頂きます。
「5歳の、のはらしんのすけ」
「お前の未来は、お前のモンだぞ!」
「好きな様に生きろ!じゃーなーっ」

ではまた~、みなさん良い映画を見て下さいね~。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今週はコレですよ! ドラマ「プロポーズ大作戦」2007年/フジテレビ [今週はコレですよ!]

プロポーズ大作戦①全員.jpeg
幼馴染の結婚式のシーンから始まる物語で、主人公が過去に何度も戻り未来を変えようとするタイムリープものを今回は紹介させて頂きますね。
私は、このドラマを時々見ては元気や勇気を貰っています。
主演は、山下智久と長澤まさみですが、妖精(三上博史)の言葉が心に刺さり、じぃじ(夏八木勲)のセリフと演技が光る傑作ドラマですよー。
ターニングポイントになりうる過去に毎話主人公がタイムリープして、ラストは結婚式のシーンに戻って答え合わせ(彼女の隣に誰が座っているか)行いながら物語は進んで行きます。
また、エンディングに流れる「明日晴れるかな 桑田佳祐」と挿入歌の「小さな恋のうた MONGOL800」もすごく良かったです(CDを買ってしまいました)。

今回は妖精とじぃじの言葉で締めさせて頂きます。

じぃじ
「いつも明日がくると思ったら痛い目に合うぞ!」
「今度やろう馬鹿野郎、明日(あした)やろうも馬鹿野郎。思い立ったらすぐ何でもやらなきゃ駄目だ!」
プロポーズ大作戦③じいちゃん.jpg

妖精
「求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さん。扉を叩け、さらば開かれん。」
プロポーズ大作戦②天使.jpg

では、では。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

今週はコレですよ! 映画「シティースリッカーズ」1991年/米 [今週はコレですよ!]

シティースリッカーズ.jpg
日曜洋画劇場が2017年2月12日に終了してから、もう1年以上経ちますね。
何周年かは忘れましたが、日曜洋画劇場何十周年記念の行事として、淀川長治さんと
観る試写会の応募が有りまして、見事に当選して銀座に映画を観に行ったんですねー。
その時の試写会で観た映画が今回紹介する「シティースリッカーズ」です。
思ったより淀川さんは毒舌で、その毒舌のお陰で私が淀川さんに頭を撫でられて
握手して頂く機会が有りました。
握手の時、「あ・・・・お爺ちゃんの手だ」と思ってしまい、残された時間の事を
考えると少し悲しくなった事を思い出しました。

本作品は、牛追いのロードムービーで大人版のスタンド・バイ・ミーみたいな感じ
ですが、ちょっと違うのは最後にみんなで笑って良かったねーと言える映画です。
また、武骨で頑固な老カウボーイを演じるジャック・バランスがいい味を
出してましたねー(アカデミー助演男優賞を受賞、ゴールデングローブ賞助演男優賞)。
みなさん憶えてますか?
そう、シェーンの殺し屋ウィルスン役の俳優さんなんですねー。
本当に骨太で面白くてワクワクする映画なので観て下さいね。

最後は、新米カウボーイ3人のセリフで締めさせて頂きます。
「もう終わりだ、40歳だぜ人生は無駄だった」
「でも、まだ出直しのチャンスはあるさ」
「子供のころを覚えてる?」
「ボールが木の上に乗った時だ "やり直し" と叫んだ」
「君の人生は "やり直し" だ、新しいスタートだ」

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

今週はコレですよ! 映画「サマーウォーズ」2009年/日本 [今週はコレですよ!]

「サマーウォーズ」2009年/日本 115分 監督細田 守
サマーウォーズ.jpg
もうすぐ梅雨が明けて夏が来ますねー。
暑くなりますねー。
苦手な季節ですー。
でも本当に苦手なのは、電車や建物内に冷房が入るか入らないかの時期が一番苦手だったりします。
そんな事を考えていたら、夏向きで、みなさんにも見て頂きたい映画を思い出したので紹介させて貰いますね。
この映画は、2018年7月20日公開の「未来のミライ」の細田監督が、「時をかける少女」の後に作った作品なんですね。
この作品のポイントは戦わなくてはならない理由が外的な問題では無く、全て登場人物の身から出た錆びが原因で始まって、途中、責任逃れをしつつ最後は責任を背負い自らの力で問題と立ち向かって行く物語なんです、面白いですよー。
また、現代っ子が田舎の大家族に受け入れられて行く物語でも有ります。
どうです?
見たくなりましたか?
陣内家の人々の台詞で締めさせて頂きますねー。
「こういうのは、勝ちそうだから戦うとか、負けそうだから戦わないとかじゃないんだよ。負け戦だって戦うんだ、うちはな。それも毎回。」
「家族同士で手を離さぬように、人生に負けないように、もし、辛い時や苦しい時があっても、いつもと変わらず、家族みんな揃って、ご飯を食べること。」
「あんたならできる、できるって。そうだよ、その意気だよ。」


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

今週はコレですよ! 映画「奇跡の人」1962年/米 [今週はコレですよ!]

奇跡の人 1962年/米 103分 監督アーサー・ペン
奇跡の人.jpg
レンタルビデオから動画配信に変わり、いつでも自宅で映画やアニメを気軽に見れる時代になりました。
私も、Amazomプライム、U-NXET(ユーネクスト)、Dアニメを契約して楽しんでいます。
今回は、何か面白い映画はないかなーと探していたら、偶然「奇跡の人」が目に留まったんですねー。
評判が良い事は知っていたのですが、モノクロだし古い映画なので積極的に見る気になれなかった映画だったのですが、まあ、U-NXET(ユーネクスト)の見放題で追加料金も掛からないのでとりあえず見てみるかと軽い気持ちで見始めたんですね。
見始めたら何とも面白い、どんどん映画に引き込まれて行くんですねー、最後まで一気に見てしまいました。
あらすじは皆さん良くご存知だと思うので、最初にお伝えしたいのは「奇跡の人」はヘレンではなくアニー・サリバン先生の事なのですねー。
原題は「The Miracle Worker(ミラクルワーカー)」で、奇跡を起こす人、奇跡を行う人、誰も可能でないと思っている事をやり遂げる人を示します。
なので、 教師として彼女を導いたアニー・サリバン先生の事になります。
どうでしょう?
これだけで見たくなりませんか?
2つ目にお伝えしたいのは、時代は日本で言うと幕末頃(1880年後半)の話になんですねー。
どうです?
見たくないですか?
淀川長治さん曰く、「この映画を観たことがない人がいたら、その人こそ“奇跡の人”だ」そうです
誰もが知っている有名な有名な物語ですが、映画として大変良く出来ていると思います。

最後は、サリバン先生の台詞で終わりたいと思います。
「サリバン先生、あなたはこの子を好きなのかね?」
「あなたの方こそ、どうなんです?」
「可哀想だと思う方が、何かを教えるよりずっと楽ですものね」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
今週はコレですよ! ブログトップ