So-net無料ブログ作成
そうだ!料理を作ろう ブログトップ
前の10件 | -

動画の後編です(チャーシュー作るよん)。Amazonで低温調理器を買って見たら(後編)、作ったチャーシュー旨かったw [そうだ!料理を作ろう]

お晩です。
チャーシュー作りの動画(後編)をアップさせて頂きました。
こちらを見て頂ければ、低温調理後の仕上げ?が簡単に判ると思いますw


【使用した調味料は、コチラ】
めんつゆ、砂糖、おろし生姜、花椒(フォアジャ)、オイスターソース

【低温調理器の購入は、コチラ】


動画を見て頂ければ判る様に、低温調理は誰でも簡単に失敗せずに旨い料理が作れる調理方法です。
低温調理器を持っていない方は、この機会に挑戦して見たら如何でしょうか?
ローストビーフ、よだれ鶏、チキンの照り焼き等、色々と作っているのですが、動画の撮影と編集が間に合わない状態です。
後日アップして行きますので、その時は宜しくお願いします。
では、またー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Amazonで低温調理器を買って見たら簡単&手間いらず(前編)、コスパも最強だったw [そうだ!料理を作ろう]

低温調理器⑦.jpg
【低温調理器で初めて作った料理↑(サラダチキンとチャーシュー)】

お晩です。
チャーシューを「手抜でおいしく簡単クッキング♪」するには便利な調理器具が必要だと思い「低温調理器」をAmazonで購入して見ました。
使って見たら、もうチョー簡単&チョー手抜きでチャーシューが作れたので、今回は「低温調理器」を紹介させて頂きます。

【低温調理器を選ぶポイントはコチラ】
①価格は6,000円~35,000円と幅広いが機能的には大して変わらないので、信頼性とコストがトレードオフになっていると考えて下さい。
②使用する前に別途デジタル温度計を購入して、低温調理器でセットした温度が正しいかを確認して下さい(誤差があった場合は、実際の温度に低温調理器の温度を調整すれば問題無しですw)。
③安価な製品は、上記の様に実際の温度を測る事により安心して調理に使用出来る様になるので、6,000円の安価な低温調理器を購入しても故障を除き、安心して使用出来ると思いますw
④セットした調理時間を過ぎたら、電源がOFFになる製品を選んで下さい(アラームが鳴るだけで電源が切れない製品も有ります)。
⑤タイマーがついているヘッド部分は小型の方が、調理の邪魔にならず使い易い。
⑥コンセントの三極はタップを使えばクリア出来るので気にしなくて良い(動画で詳しく説明してます)。

【購入した低温調理器の紹介動画(約5分)はコチラ】


【購入した低温調理器の詳細コチラ】

OMorc 低温調理器 Sous Vide 真空調理器 850W
日本語説明書付き 【12ヶ月品質保証】
低温調理器④.jpg

【日本語取扱説明書はコチラ(水に濡れてシワシワでゴメン)】
低温調理器③.jpg
低温調理器②.jpg
低温調理器①.jpg

【Amazonでの購入はコチラ】


【おススメ&買って良かったポイント】
①下準備をすれば、あとは勝手に低温調理器が作ってくれる。
②サラダチキンが市販品より数倍♪美味しく作れる。
③チャーシューも超簡単にほっといて出来てしまうw
④ローストビーフもオーブン無し&失敗無しで簡単w
⑤トンカツも最高の状態で作れます(低温調理器で火を入れてから、パン粉をまぶして3~4分揚げるだけ)w
⑥低温調理は、失敗し難い調理方法なので、どんな方にもお勧めします(マジで)。

自分で作ったサラダチキンやチャーシューは、スーパーやデパートの総菜と比較して味や食感が全く異なり旨し。
サラダや白いご飯との相性も、あなたを裏切りませんよ~。
また、余ったチャーシュー(冷凍保存も出来るから)をラーメンに入れたり、チャーハンに使うと最高です。
ぜひ試して下さいね!
チャーシュー等の調理動画は後程アップ予定ですw
では、またー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【番外編】ガスバーナーで「五徳(鍋を火にのせる台)&ガスレンジ」回りをキレイにして見ました。 [そうだ!料理を作ろう]

お晩です。
料理の記事やブログをアップした際に気になっていたキッチン回りの清掃を行いました。
第1弾として「五徳(レンジ回り)」を掃除したのでレポートをさせて頂きます。

【五徳(レンジ回り)の掃除方法①】
マジックリン等の洗剤+重曹で、「五徳とガスレンジ」回りの掃除に挑戦で~す。
「五徳」以外はキレイになりましたが「五徳」に付いた汚れは、長年の油や汁が焼き付いて出来たチョー頑固な汚れの様でビクともしませんでした。

【五徳(レンジ回り)の掃除方法②】
ネットで調べると、重曹を入れたお湯に「五徳」をつけるか煮るかすると良い様なので試して見ました。
更に、金タワシ+クレンザーでガシガシ擦ると少しは落ちましたが、まだまだです。

【五徳(レンジ回り)の掃除方法③】
「ガスバーナーを使って灰にしたら簡単に落ちるんじゃ?」と思って試したら、簡単に落ちたのでブログ&動画でアップしました。



やって見るポイント①
ガスバーナーで炙る時は、熱に弱い回りのプラスチック類に注意(簡単に溶けますw)。

やって見るポイント②
バーナーで炙ると五徳は高温になるので、ペンチ等で五徳をしっかりと持って下さい。
また、火傷防止のために手袋(ベストは皮)をすると良いと思います。

気を付けて行えば簡単短時間でキレイになります。
是非お試し下さい。
では、またー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

手抜&簡単料理で旨いを目指そう!「エバラやきとりのたれでチャーシュー丼」に挑戦。 [そうだ!料理を作ろう]



お晩です。
最近、外食でチャーシュー麺ばかり食べているので自分でも作りたいと思い下手くそながらチャーシュー丼にチャレンジして見ましたw
以下に色々と調理手順を書いてますが、面倒な人は上の動画をご覧下さい(と言うかぜひ見て見てw)。

【調味料を含む材料】
①豚バラのブロック肉。
②長ネギ1/2本。
③めんつゆ(希釈タイプ)。
④おろし生姜チューブ。
⑤しょう油。
⑥砂糖。
⑦エバラやきとりのたれ。
チャ丼⑤.jpg

【おろし生姜チューブ詳細(コスパ良くおススメ)】


【エバラやきとりのたれ詳細(一押しのタレです~)】


【キッコーマン濃いだし本つゆ詳細(めんつゆの中で一番好き)】


【豚バラブロックを半分に切ります】
チャ丼②.jpg

【臭い消しの長ネギを切ります】
チャ丼③.jpg

【豚バラ肉のブロックをフライパンで焼いて焼き目をつけます(油は不要)】
チャ丼⑧.jpg

【豚バラ肉のブロックを焼きつつ、煮汁を作って行きます】
チャ丼⑥.jpg

【焼いた豚バラブロックを隙間無く鍋に入れます】
チャ丼⑩.jpg

【肉をやさしく慎重に、煮込んで行きます】
チャ丼⑪.jpg

【60分放置後、砂糖としょう油で味を決めて行きます(味見しながら慎重にねっ!)】
チャ丼⑫.jpg

【落し蓋をして一旦沸騰させてから弱火にして30~90分煮込みます(ここで肉の柔らかさを煮込み時間で調整します)】
チャ丼⑬.jpg

【自然に冷めるまで放置してから豚バラブロックを取出して好みの厚さにスライス】
チャ丼⑮.jpg

【フライパンに並べて、バーナーで両面を炙ります】
チャ丼⑯.jpg

【使用しているバーナーはコレ(ガスボンベを使うので安心のイワタニ製をチョイスしましたw)】
※今現在は値上げしている見たいで、2,000円前後で販売されている様です。



【フライパンにやきとりのたれを入れて、弱~中火でチャーシューを温めつつ照りを出して行きます】
【同時にドンブリにご飯を盛って下さい(やきとりのたれをかけ回すのを忘れずねっ!)】
チャ丼㉒.jpg

【チャーシューをまんべん無くのせて、最後にやきとりのたれをかけて完成!】
チャ丼㉕.jpg

やって見るポイント①
ガスバーナーで炙るのは必須作業(ここで煮豚からチャーシューになります)。

やって見るポイント②
最後の煮込みで味を決めますが、適当で構いません。
炙った後のやきとりのたれが、全ての失敗をやさしく包んでくれますw

やって見るポイント③
ゆで卵を豚と一緒に煮ると幸せになれます。

肉を煮込んで&冷ましている間に、風呂や洗濯を済ませれば、調理時間はトータルで45分位なので忙しい時でも簡単です(作り置きして冷凍保存も可能、個別にラップして冷凍するのがポイント)。
家族の評判&満足度も高い料理なので、ぜひ挑戦して見て下さい(もちろん1人暮らしでも)。
ご自身で作るのは面倒だと思いますが、ビール、日本酒、白いご飯などとの相性はあなたを裏切りません。
買って来たお惣菜やレトルトとは比較になりませんよ~。
では、またー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

めんつゆで作る簡単で手抜だけど旨い!「ベーコン茄子」を作りました。 [そうだ!料理を作ろう]

ベーコン茄子⑨.jpg

お晩です。
15分以内で、手抜でおいしく簡単!!! めんつゆで「ベーコン茄子」を作りました。
メッチャ旨いので、作って頂けると嬉しいです。
早速、調理開始です。

【材料(茄子、ベーコン、油、めんつゆ)】
ベーコン茄子①.jpg

【茄子はこんな感じ(厚さ3ミリ前後に切る)】
ベーコン茄子②.jpg

【フライパンに火をつけて油を入れる(油どんな種類でも構いませんが、写真の2~3倍が適量です)】
ベーコン茄子③.jpg

【茄子を入れて炒める(常に最大火力で行きましょうw)】
写真の様なツヤになるまで炒めて下さい(時間にして2~3分)。
ベーコン茄子⑤.jpg

【ベーコンを投入して更に軽く炒める(時間にして1~2分くらい)】
ベーコン茄子⑥.jpg

【めんつゆをフライパンに投入(ここでビビッて弱火にしない事!常に最大火力w)】
ベーコン茄子⑦.jpg

【最大火力で水分を飛ばす様に炒めて出来上がり(時間にして2分くらい)】
ベーコン茄子⑧.jpg

【丼の上に乗せて完成です(単品でおつまみとしても大有りです)】
ベーコン茄子⑨.jpg

やって見るポイント①
最初から最後まで最大火力w

やって見るポイント②
炒め油は何で良いです。
こってりとしたコクを狙うならゴマ油、サッパリならキャノーラ油、もちろんオリーブ油や揚げ物の残り油でもOK
細かい事は気にしないで適当に行きましょうw

やって見るポイント③
味付けの「めんつゆ」ですが。好みで量でOK
辛くなり過ぎたら、日本酒で薄めればOK

やって見るポイント④
茄子を炒める際の油の量は、素揚げする様な感じの量が私的にはベストですが、こちらも好みで構いません。

材料さえ有れば、帰宅後15分以内に完成する料理です。
アナタが作ったベーコン茄子は、ビールや白いご飯と良く合います。
味の好みは人それぞれですが、めんつゆとベーコンの旨味はあなたを裏切りません。
買って来たお惣菜とは比較になりませんよ~。
では、またー。
タグ:料理 簡単 手抜
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

前回の豚丼の具を使って15分以内で実食、「チョー簡単、肉うどん」。 [そうだ!料理を作ろう]

肉うどん⑪.jpg

お晩です。
前回調理した「豚丼の具」を使って手抜でおいしく簡単!!! 「肉うどん」を作りました。
※豚丼の具は、大目に作って冷凍すれば日持ちします。

やって見るポイント①
うどんは平麺を使う(出来上がりのインパクト&食べた時の触感が私は好き)。
今回は、半額に釣られて「生麺のほうとう」を使用しましたが、茹で麺のほうが手軽で簡単です。
肉うどん③.jpg

やって見るポイント②
面倒でも、長ネギは必ず用意する。
肉うどんとのマッチングがパないので必須です。

やって見るポイント③
ツユは、めんツユを使用して、水と合わせて調整して下さい。
長ネギを入れる前に最終調整するのがポイント。

【クッキングスタート】
出来れば土鍋を用意します(鍋と食器が一緒なので洗い物が少なくなるよ~)。
①土鍋にうどん(今回は、ほうとう)を入れて、その上に豚丼の具を乗せる。
※今回はちょっと失敗したのですが、ほうとうは麺についている粉を水で洗い流して下さい。そうしないとツユにトロミがつき過ぎます(必須作業)。
肉うどん⑤.jpg
肉うどん⑥.jpg

②通常は3倍に薄めためんツユを入れるのですが、4~5倍に薄めて使用して下さい。
※豚丼の具に味がついている事と、最後に濃い目の味に調整出来る余地を残す為。
肉うどん⑦.jpg

③フタをして沸騰させる。

④その間に長ネギを切って下さい。
肉うどん⑨.jpg

⑤沸騰したら一旦弱火にして、味見をしてツユの味を確認&調整します。

⑥長ネギを入れてフタをして、再び鍋を沸騰させたら弱火にして4~6分煮込んで行きます(煮込む時間でうどんの硬さを好みにして下さい)。
肉うどん⑩.jpg

⑦煮込んだら実食です(うまいよ~)
肉うどん⑪.jpg

家族の評判&満足度も高い料理なので、ぜひ挑戦して見て下さい(もちろん1人暮らしでも)。
やって見るポイント①と②と土鍋を使う事で、ワンランクアップの料理を提供出来ます。
作った料理の使い回しですが、全く別物の料理に変身しますよ~。
うどんの好みは色々ですが、平麺はあなたの期待を裏切りませんよ~
では、またー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

手抜でおいしく簡単!!! つゆの素で「豚丼特盛」を30分以内で実食。 [そうだ!料理を作ろう]

豚丼㉖.jpg

お晩です。
今回は、「つゆの素」と「カナダ産の豚肉しゃぶしゃぶ用」を使用して豚丼特盛に挑戦です。
【材料はこんな感じ】
豚丼①.jpg
撮り忘れw
豚丼⓪.jpg

【調理の順番はこんな感じ】
⓪お米を早炊き(水じゃなくて、50度位のお湯を入れてね)。

①タマゴの底(尖ってない方)にひびを入れる。
豚丼②.jpg

②タマゴを茹でます(1ひびが入っているのでタマゴより泡が出ます)。
豚丼③.jpg

③鍋に水とショウガ(小サジ1~2杯)を入れて沸かす(茹でタマゴと同時進行)。
豚丼④.jpg

④沸かしている間にタマネギを切る。
豚丼⑥.jpg

⑤沸いたら肉を入れで軽く湯がく(アクと臭みを取ります)。
豚丼⑧.jpg

⑥ザルに移して水でアクを洗い流す。
豚丼⑨.jpg

⑦肉が入っていた容器に移す(チョーボリュウム)。
豚丼⑩.jpg

⑧鍋につゆの素、水、昆布の出し、湯がいた肉、タマネギをいれて沸騰するまで煮ます。
豚丼⑫.jpg

⑨沸騰するまでの間に、しらたきをお湯で洗って石灰臭さを取ります。
豚丼⑬.jpg

⑩沸騰するまでの間に、厚揚げとしらたきを切り、空いた肉のトレーに移します。
豚丼⑭.jpg

⑪沸騰したら、二郎返しの様に天地を逆にし、ショウガ(大さじ1~2杯)を入れてフタ押して沸騰するまで煮ます。
豚丼⑯.jpg

⑫沸騰したら火を止めて、厚揚げ、しらたき、茹でタマゴを入れて、ホイルで作った落しブタ&鍋ブタをして沸騰させます、沸騰したら弱火で5分にて火を切る。
豚丼㉑.jpg
豚丼㉒.jpg
豚丼㉓.jpg

⑬食べる時に温めなおして、盛付けて「豚丼特盛」完成です。
豚丼㉔.jpg
豚丼㉕.jpg

やって見るポイント①
タマゴにひびを入れて茹で、茹で上がったらひびを全体に入れて水で冷まします。
冷めたら、水の中でタマゴの殻をむくとキレイにズルっとむけます。
豚丼⑲.jpg
豚丼⑳.jpg

やって見のポイント②
しゃぶしゃぶ用の薄い肉を使うと、短時間で豚肉がトロっとなります。
豚丼⑤.jpg

やって見るポイント③
煮込み時の味の調整は以下の通り。
調整は、しらたきと厚揚げを入れて沸騰させた時に行いましょう(水分が出る為)。
・味を薄くする→水か日本酒で薄める。
・味を甘くする→ハチミツか砂糖で甘くする。
・塩辛くする→塩かしょう油で辛くする。

時短、簡単、満足度高しの三拍子揃ったメニューです。
家族にも大好評。
豚丼の具は大量に作って、翌日「肉うどん」にするのが、正しい日本人の有り方です。
「肉うどん」は後日アップしますね~w
忙しいあなたのお時間を30分下さい!
白いご飯と、甘辛の豚丼の具はあなたを裏切りません。
翌日の「肉うどん」もサイコ~!
では、またー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

チョーこばんに合う「和風麻婆豆腐」を作りました。 [そうだ!料理を作ろう]

和麻婆⑨.jpg

お晩です。
今回も、手抜でおいしく簡単!!!
麻婆豆腐の材料を買ったのですが、急に辛いのは食べたくない気分になったのでメンツユで「和風麻婆豆腐」を作って見ました。
100g/128円の牛豚ひき肉(合挽)を使用して挑戦です。

やって見るポイント①
長ネギは輪切りで済まさず、もう少し細かく切りましょう(輪っか状のネギを無くす)。
和麻婆②.jpg

やって見るポイント②
ゴマ油はこのくらい。
挽肉を炒める時は、出て来た脂が透明になるまで炒めて下さい。
アクが抜けます。
和麻婆④.jpg

①挽肉(100~200g 好みで適量)をゴマ油で炒めます120秒くらい。
挽肉は細かく潰して行きます、団子状はNG。
和麻婆③.jpg

②脂が透明になったら、おろし生姜を大さじ1杯入れて30秒。
和麻婆④.jpg

③刻んだ長ネギを入れて30秒。
※①~③までは、ALL強火。
和麻婆⑤.jpg

④好みのさいの目に切った豆腐を入れて180秒(豆腐の芯が熱くなるまで)。
和麻婆⑥.jpg
焦がさない様に、強火から弱火で調整。

⑤メンツユを適量入れる。
ココで味見をして、ミンツユをもうちょっと入れたいと思ったところで我慢。
後で煮詰まって辛くなる&片栗粉でとろみを付けると辛く感じるから。
和麻婆⑧.jpg
ここから強火で、材料全部が熱くなるまで我慢150~200秒。

⑥水溶き片栗粉を入れる。
ダマにならないコツは、いつもよ多目の水で片栗粉を溶いて火を止めてから入れる。
温度が下がる事で、かき混ぜる時間を長く取れます。
均等に混ぜたら、火を強火にしてトロミを付けて完成です。
和麻婆⑨.jpg

やって見るポイント③
トロミを付けて完成直前に、ゴマ油を適量入れて混ぜる。
麻婆全体にツヤとコクが出ます。

調理時間は15分位なので忙しい時でも簡単です。
和風麻婆豆腐は、最高に白いご飯と合います。
作りたてのプルプル豆腐の食感は、あなた期待を裏切りません。
では、またー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

手抜でおいしく簡単!!! お肉やわらかの素で「トンテキ(ポークソテー)」を作りました。 [そうだ!料理を作ろう]

お晩です。
今週も、手抜でおいしく簡単!!! お肉やわらかの素で「トンテキ(ポークソテー)」を作りました。
ステーキは良い和牛を使わない限り、ポークの方が輸入肉でも臭みが少なくておいしいと思い込んでいる私が、カナダ産の豚肉を使用してトンテキ(ポークソテー)に挑戦です。

やって見るポイント①
どんなお肉もパイナップル酵素で軟らかく。
「味の素 お肉やわらかの素」を下処理に使いました。
トンテキ①.jpg
トンテキ②.jpg
賞味期限が切れは気をつけようw
Amazonで2個532円
https://www.amazon.co.jp/%E5%91%B3%E3%81%AE%E7%B4%A0-%E3%81%8A%E8%82%89%E3%82%84%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AE%E7%B4%A0-50g%C3%972%E5%80%8B/dp/B01CYB1AJC/ref=sr_1_1?s=food-beverage&ie=UTF8&qid=1548911947&sr=1-1&keywords=%E8%82%89%E6%9F%94%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AE%E7%B4%A0

やって見るポイント②
ミートソフター
肉の繊維や筋を切って、焼いた時に肉が縮むのを防ぎ、食べた時に食感を良くする刃物です。
トンテキ⑥.jpg
トンテキ⑦.jpg
Amazonで1,960円
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FOPVRS/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o02__o00_s00?ie=UTF8&psc=1

とんかつ用の豚肉を用意します(お米は、この間に早炊きするのがベスト)。
今回はブロックを買って厚さ1.5cmで切っています。
①豚肉を「ミートソフター」で、筋を中心にまんべんなく刺して行きます(計15~20回刺せば良いと思います)。

②「お肉やわらかの素」を肉にまぶしてから、軽く揉み込みます(説明では結構粉を振り掛けていますが半分位のイメージで十分です)。

③ラップかビニール袋に入れて、常温で20~40分なじませます(冷蔵庫で1日そのままにしても大丈夫)。
この間にサラダなどの野菜を準備しましょう。
トンテキ④.jpg

④肉をなじませている間にタレを作ります。
割合はこんな感じで、めんつゆ4に対して、しょう油1~2:酒2~3:おろし生姜2~4。
※おろし生姜は、好みで倍量くらい入れても全然OKです。
※しょう油は、めんつゆだけだと甘過ぎるので調整用です。
トンテキ③.jpg

⑤焼直前にコショウを振ります(挽き方や量は好みで)。
トンテキ⑤.jpg

⑥フライパンとフタを用意して、強火でガンガンに熱したフライパンに油を少量(大さじ1)入れた後に肉を入れてフタをします。
強火のままでフタをして焼いて行きます。
肉1枚の場合は3~4分、2枚の場合は4~4分30秒。
肉の表面は蒸されてこんな感じ。
トンテキ⑧.jpg

⑦肉をひっくり返して、強火のままフタをして1分~1分30秒焼いた後、弱火で4~5分焼きます。
ひっくり返した肉の焼面はこんな感じ。
トンテキ⑨.jpg
トンテキ⑩.jpg

⑧フタを取って、強火にして、タレを入れてからめて(タレを蒸発させる感じ)、盛付けてこんな感じ。
トンテキ⑪.jpg
トンテキ⑫.jpg

肉をなじませている時間に、風呂や洗濯を済ませれば、調理時間は15分位なので忙しい時でも簡単です。
家族の評判&満足度も高い料理なので、ぜひ挑戦して見て下さい(もちろん1人暮らしでも)。
やって見るポイント①と②を行う事で、ワンランクアップの料理を提供出来ます。
ご自身で作るのは面倒だと思いますが、白いご飯との相性はあなたを裏切りません。
買って来たお惣菜とは比較になりませんよ~。
では、またー。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

魚焼きグリルを使おう!「エバラ やきとりのたれ」+手抜&簡単調理でヤキトリ。 [そうだ!料理を作ろう]

お晩です。
今回は、手抜&簡単調理でヤキトリを作りましたので紹介させて頂きます。
エバラの回し者では無いのですが、今回も「エバラ やきとりのたれ」を使用して行きます。
使う理由は簡単「旨い(ザラメがポイント)」からです。

【エバラ やきとりのたれ】
ヤキトリ①.jpg
ヤキトリ②.jpg

Amazonでは、こんな感じ(165円/個)
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%90%E3%83%A9-%E3%82%84%E3%81%8D%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%8C-240g/dp/B00Z9PEJK8/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1548367358&sr=8-6&keywords=%E3%82%A8%E3%83%90%E3%83%A9+%E3%82%84%E3%81%8D%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%8C

ヤキトリを作るきっかけは、Amazonで「オーブントースター・トレー」を773円で買った事です。
これが結構便利で、魚焼きグリルを汚さずに何でも焼けちゃいます。
Amazonでは、こんな感じ(773円/個)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01B4FSQTQ/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o05__o00_s00?ie=UTF8&psc=1

では、早速作って見ましょう。
①常温に戻した鶏肉(モモ)の表面に油を塗り込む。
ヤキトリ③.jpg

②トレーに皮を下にして並べたあと、切った長ネギを隙間に置く。
ヤキトリ④.jpg

③ガス全開で、ガンガンに予熱した魚焼きグリルに入れる(イメージ、焼前を撮り忘れた)。
ヤキトリ⑤.jpg

④鶏肉(モモ)が1枚の時は、片面(皮と反対側)を3分~3分30秒、2枚の時は4分~4分30秒焼きます。
ヤキトリ⑦.jpg

⑤鶏肉(モモ)と長ネギを裏返(皮面を上)して、再び魚焼きグリルへ。
1枚の時は5分~5分30秒、2枚の時は6分~7分焼きます。
ヤキトリ⑩.jpg

【出来ればやって見よう】
私はここで焦げ目と香ばしさをつける為に、材料をトレーに乗せたままバーナーで炙ります。
炙るとこんな感じ。
ヤキトリ⑪.jpg
ヤキトリ⑳.jpg

Amazonで、バーナーはこんな感じ(1,610円/個)
https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%81-RZ-730S-%E2%80%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E6%9C%AC%E4%BD%93%E3%81%AE%E3%81%BF-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%A3%BD/dp/B006LTD506/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1548369178&sr=8-4&keywords=%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC+%E3%82%AB%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%99

⑥トレーのまま2分間、静かに寝かせてから鶏肉を切って、盛付けて上からタレをかけて完成。
ヤキトリ丼①
ヤキトリ⑮.jpg

ヤキトリ丼②
ヤキトリ⑰.jpg

焼き鳥皿
ヤキトリ⑬.jpg

やって見るポイント
①鶏モモ肉を使う。→好みですが、ムネ肉よりジューシーに仕上がります。
②肉の表面にオイルを塗り込む。→油の膜が、肉内部の水分蒸発を防ぐ。
③魚焼きグリルは必ずガンガンに予熱。→より短時間(肉内部の水分が蒸発しない)でふっくら仕上がります。
④鶏肉は皮面を強く長く焼く。→皮のアブラが落ちて、よりパリパリに仕上がる。
⑤誰でも簡単に失敗無く作れる様に焼時間を長めで設定しています。→焼時間を30~60秒短くする事でよりジューシーに。
※切った時に中が生でも安心して下さい。ラップをしてレンジで1分前後温める事で中まで火が通ります(肉汁が少し出ちゃうけど)。
⑥切る前に肉を休ませる。→肉汁が安定して切っても肉汁が漏れにくくなります。

トレーを使う事で、魚焼きグリルを汚さず20分位の調理時間で直ぐに食べられます。
バーナーを使うと、見た目とw香ばしさが違います。
ちょっとの手間は、食べた時に必ず報われますヨ~。
では、またー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - そうだ!料理を作ろう ブログトップ